2014年04月21日

「日本人は少子高齢化という衰退を楽しんでいるのか」― 歴史人口学者エマニュエル・トッド氏

1:2014/04/21(月)13:50:32 ID:
―:日本は少子高齢化社会に突入しています。政府はいろいろな手を打ってはいるが、出生率は上がっていません。何か解決策はありますか。

トッド:少子化から抜け出す方法について例を挙げて説明しよう。それは、わが母国フランスの例です。フランスは政治も経済も何もかもうまくいっていない。失敗だらけだ。しかし、唯一、出生率だけは上昇に転じ、うまくいっている。

 我々フランス人は合理的だ。子供を産むことはフランス人の唯一得意なことだ。たぶん、産児制限、堕胎を最初に実行した国だからだと思う。勤労者階級が子供をつくるのはどの国でも普通のことだが、フランスでは中流や上流階級でも出生率が高くなっている。

 フランスで何が起きているかというと、基本的に個人主義の国で、個人が自由に行動できる。実際、出産の55%は非嫡出子だ。非嫡出子を不都合であると気にしないし、国家がそうした家族を援助する重要な役割を果たしている。

 特に教育が重要だ。フランスでは政府の教育費補助によって、幼稚園から大学までほとんど無料になっている。だから、中流階級の女性にとって、子供を産むことは人生での劇的な決定ということではない。

 私には4人の子供がいる。教育費の負担は幼稚園からほんの少しだけだった。中流階級なら心配は要らない。私の長男は英国人女性と結婚して帰化し、英国民となった。最近、子供が生まれたが、教育費について心配している。フランスではありえない。

 つまり少子化の解決策は、国による家族支援が効果を発揮するということだ。現在の日本ではかなりの割合で大学などの高等教育を受けている。子供を産んで高等教育を受け、有能な大人に成長するまでに25年はかかる。

 そういう状況で子供を産むという決断は、国が手厚い支援をしない限り、重大なものになる。ヨーロッパと違い、日本では女性が働いて同時に子供を産むということが非常に難しい。フランスのように中流階級の家庭に国から大きな支援はない。膨大なコストを要するからだ。

続き、全文はこちらから
http://business.nikkeibp.co.jp/article/interview/20140408/262574/
続きを読む
posted by ももんが at 21:23 | Comment(0) | 最新記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【韓国】旅客船:病院で遺族が治療している学生の保護者「うちの子はどこへ行ったんだ」、保護者「うちの子は罪人なのか。」と対立。遺族が入院中の教諭C「謝罪すべきでは」と要求。

1:2014/04/21(月)19:10:06 ID:
韓国旅客船沈没 遺族と生存者家族が病院で衝突…
 韓国南西部、珍島(チンド)沖で発生した旅客船セウォル号沈没事故で死亡した檀園高校の学生の遺族らと、奇跡的に生還し入院治療中の学生の家族らが衝突を起こし、周囲をがっかりさせた。

 病院関係者は「病院内に葬儀場と病室が存在するため、そのような争いが広がったようだ」と心配した。

 去る20日午前、京畿道(キョンギド)・安山市(アンサンシ)・檀園区(ダンウォンク)コジャン1洞コリョ大学校安山病院本館1階のロビーでは、病院内の葬儀場に遺体が安置されたある遺族と、生存学生の家族間で、衝突が起こった。

 遺族Aさんは、患者衣姿で腕に点滴をした学生が保護者と共に横を通ると、「うちの子はいったいどこへ行ったんだ…」と言い放った。予想外の攻撃を受けた学生の保護者Bさんも激憤し、「うちの子は罪人なのか。なぜうちの子に文句を言うのか」と対立した。2人は病院の保安担当職員に制止され、おおごとにはならずに済んだ。

 19日午後にも、ある行方不明者の家族が同病院に入院中の教諭Cさんのもとを訪れ、「子どもたちのことは放っておいて、ひとり入院しているのか。わたしたちに謝罪でもすべきではないか」と抗議する場面があった。結局、Cさんは別の病院に移り入院したが、深刻な不安感を訴えているという。

 病院側はこのような衝突に関して、遺族と生存者家族が同じ場所で顔を合わせることのないように配慮を行う方案を検討している。

 安山病院の関係者は「檀園高校がまもなく通常授業を再開すると明らかにしたため、入院中の学生たちも退院手続きをしていくことになる」とし、「遺族たちの心境が心配だが、つらくても考え直し、さらなる傷を増やさないでほしい」と話した。

 4月21日14時現在、同病院には5〜12階の病棟に生存者(学生)73名と行方不明者の母親1名が入院しており、すぐ横の葬儀場には学生6名の遺体が安置されている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140421-00000024-yonh-kr
続きを読む
posted by ももんが at 21:13 | Comment(0) | 最新記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【芸能】「吉本興業の商魂が原因か」13人組アイドルグループのハイタッチ会参加券付きシングルの売れ行きが伸びない

1:2014/04/21(月)14:19:05 ID:
 メジャーデビューシングル「LOVE-arigatou-」(よしもとアール・アンド・シー/YM3D)の過剰な特典商法が話題となっている、橋本環奈(15)率いる13人組アイドルグループ・Rev. from DVL(レブ・フロム・ディーブイエル)。今月16日発売の同シングルが、初日売り上げ枚数6,625枚(オリコン調べ)だったことが分かり、アイドルファンの間で話題となっている。

 橋本といえば昨年11月、「天使すぎるアイドル」「1,000年に一人の逸材」などと、突然話題に。前月、吉本興業のバックアップの元、メジャーデビューすることが発表された。現在は、NHKのスポットCMをはじめ、ソフトバンクモバイルや地盤ネットのCMなど、数々の大手企業の広告に出演。さらにこの4月からは、きゃりーぱみゅぱみゅの後任として、第一興商「DAMチャンネル」11代目MCに抜擢された。

 またデビュー曲は、Rev. from DVLが宣伝キャラクターを務める『2014年 世界卓球』(テレビ東京系)の応援ソングのほか、橋本がCM出演中の城南建設「住宅情報館」のCMソングにも起用されている。

「デビュー前から、破竹の勢いでCM契約やタイアップが決まり、メディアを賑わせている橋本ですが、デビューシングルの売り上げは、初日と2日目合わせても1万枚程度。同シングルは、かなりえぐい特典商法がドルヲタの反感を買っているため、一部ネット上では『あそこまでして、初日1万いかないとかww』『おえらいさんの心はつかめても、ヲタの興味は引けなかったってことだな』などと、しらけムードが漂っています」(芸能ライター)

 同シングルは、“ハイタッチ会参加券”付きの通常版2種のほか、“個別ハイタッチ券”“個別握手券”“生写真”のいずれかが封入されているWEB盤6種の全8形態で発売。ハイタッチ券には、ランダムでメンバーの名前が書かれており、メンバー1人とハイタッチができるルールとなっている。
http://www.cyzo.com/images/rev0417.JPG
http://www.cyzo.com/i/2014/04/post_16886.html
続きを読む
posted by ももんが at 19:41 | Comment(0) | 最新記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【技術】日立製作所、世界最速エレベーターを発表 なんと時速72km[4/21]

1:2014/04/21(月)16:38:29 ID:
「世界最速エレベーター」 時速72キロ NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140421/k10013905481000.html

《ニュースの要点と一言》
日立製作所が、世界最速のエレベーターを発表!
なんと時速72km!
これまで最速だった時速60.6kmのものを大幅に更新しました。
性能としては、1階から95階まで約43秒で到達するという超絶ハイスペック。
様々な制御装置も備え、振動も抑えているとか。
くうう、乗ってみたい!
しかし残念なことに、このエレベーターが備わるのは、
再来年、中国の広州市に完成予定の111階立てのビル。
最近、中国では高層ビルの建設により、エレベーター市場が活性化。
市場のおよそ6割を占めるとのことで、ここでの需要に応え販売を拡大したいと日立の方は語っています。

うーん、どこまで速くなるんだエレベーター。
真横から見るとどんな感じなんだろうなぁ(*´Д`*)

詳細はソースまでどうぞ。
Twitter@opensorenari
続きを読む
posted by ももんが at 18:40 | Comment(0) | 最新記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【野球】日テレ 「助けて!松井長嶋らを呼んだ巨人開幕戦 過去最低の視聴率 なぜ…

1:2014/04/01(火)13:48:36 ID:
※【甘口辛口】早くもG打線に春の目覚め…金満球団の好発進でプロ野球は大丈夫か
http://www.sanspo.com/etc/news/20140401/amk14040104260000-n1.html

>日本テレビの視聴率(関東地区、ビデオリサーチ調べ)も開幕戦(28日)がやっと10・0%で、
>2回戦(29日)6・2%、3回戦(30日)8・1%と低調だった


過去の巨人開幕シリーズ視聴率(カッコ内はデーゲーム)
      金  土  日 
2001年 19.2 21.2 22.9  
2002年 28.2 25.1     
2003年 16.2 15.5 15.2  
2004年 17.9 17.2 14.7  
2005年 13.5 13.9 16.8  
2006年 15.9 10.4 15.3  
2007年 13.1 (*7.1).(*8.2) 
2008年 11.0 (10.5).(*8.5)
2009年 13.3 12.6 14.4 
2010年 11.3 *7.9 (*5.4)
2011年 11.8 10.1     
2012年 11.8 (*6.8).(*6.3) 
2013年 13.0 12.6 .(*7.9) 
続きを読む
posted by ももんが at 14:06 | Comment(0) | 最新記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【田母神】日本は男が働き、女は家庭を守る、伝統的な考え方に立ち返るべきではないか。

1:2014/04/21(月)13:23:54 ID:
批判されることを覚悟で女性の社会進出に反対するブログを書いてみようと思う。

いま我が国は、女性も全員働く社会を目指して進んでいるように見える。
仕事をしたい女性が子供を預けて働くことが出来るように、保育園や託児所の充実が
叫ばれている。男性が外で仕事をして、女性は家庭にあって夫が仕事をしやすいように
家庭環境を整え、子育てを行うという伝統的な家庭のあり方は見直されつつある。
しかし、私は女性がどんどん社会に進出をして、男性と同じように仕事に生きることには
疑問を持っている。いま少子化が問題になり担当大臣まで置かれるようになっているが、
少子化の根本原因は多くの女性が働くようになったことではないかと思っている。
一概にはいえないが、女性が仕事に生きるようになれば晩婚化が進む可能性が高くなると思う。
そうなれば当然少子化も進行する。少子化が進み国家の人口減少が進めば国家は
衰退することになる。

私は多くの女性が、仕事を求め働いているのではなく、家計を助けるために
働いているのではないかと思っている。だから女性が働かなくても生活が出来る国を
目指すべきだと思う。男女は結婚をして一つの家庭を築き、男が外に出て働き、
女は子供を生んで家庭を守る、その伝統的な考え方に立ち返るべきではないのか。
もちろん能力のある女性が働くことを否定するものではない。能力もあって働きたいという
女性は働けばよい。しかし女性が働かなければならない国を目指すべきではないと思う。

(以下略、語りたい方は熟読を)

全文はこちら
http://ameblo.jp/toshio-tamogami/archive1-201404.html
続きを読む
posted by ももんが at 13:56 | Comment(0) | 最新記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【韓国】パククネ大統領が旅客船のずさんな安全管理システムに激怒

1:2014/04/21(月)13:18:17 ID:
朴大統領 ずさんな安全管理システムに激怒
 韓国・全羅南道の珍島沖合で旅客船「セウォル号」が沈没した事故で、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は20日、首席秘書官会議を主宰し、政府の対応などを含むずさんな安全管理システムを指摘した上で、一点の疑惑も残さず徹底かつ迅速に捜査するよう強く指示した。

 また、事故船の船長や乗組員らが乗客救助をせず脱出したことに言及し、「常識的に到底納得できず、殺人のような行為」と厳しく非難。事故と関連した責任者全員に対し、民事・刑事上の責任と問うべきだとした。

 現場の対策本部には遺族や不明者の家族らのため、最後までベストを尽くすよう求めた。
http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2014/04/21/0200000000AJP20140421001800882.HTML
続きを読む
posted by ももんが at 13:45 | Comment(0) | 最新記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
よろしく
ファン
過去ログ
カテゴリ
日記(112)
最新記事(886)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。